記事一覧

あなたの口臭はほんとうにひどい?セルフチェックをしてみましょう

人と向き合って話しているとき、相手の表情がちょっと曇ったり、手を鼻や口元に当てたりすると、ドキッとしますよね。また他人の口臭が気になると、「自分はどうだろう?」と心配になるものです。他人の口臭はすぐに分かりますが、自分の口の臭いがどの程度なのかは、なかなか分からないもの。「もしかして自分の口はくさい?」と気になったら、さっそくセルフチェックしてみましょう。まず臭いのついていない紙袋を用意してください。そして紙袋の口に自分の鼻と口をぴったり当て、口から息を吐き、鼻から息を吸う、を繰り返してください。

何度か続けるうちに臭ってくるのが、あなたの口臭です。紙袋の代わりにマスクや大きめのグラスを使ってもOKです。セルフチェックをしてみて、「やっぱり自分の口はくさいかも…」と思ったら、何らかの口臭予防対策を実践するとよいでしょう。口は、ものを食べたり飲んだり空気を吸ったり、また痰やゲップを出したりする場所。ある程度の臭いはあって当たり前といえます。でも自分の口臭が他人に不快な思いをさせるほど、きつくなるのは避けたいものです。では、口はどんなときにきつく臭うのでしょうか? 口が臭うかどうかは、唾液の量と関係しています。

唾液には殺菌力があり、口の中の雑菌を抑える働きがあります。唾液の分泌量が減ると口の中の雑菌が増えるので、口臭が強くなります。起きたばかりのときや緊張したとき、お腹が空いているときなど、口の中が渇いていることを実感する人も多いでしょう。こういうときは口臭が強くなっているのです。逆に、唾液をたくさん出せば口臭はさほど気にならなくなるので、臭いが気になるとき、口臭を予防したいときはガムを噛んだり、うがいをするなどして、口の中がうるおうようにするとよいでしょう。口で呼吸をしていると口内が渇くので、呼吸はできるだけ鼻でするのがおすすめです。

体臭は内臓からのSOSチェックして治療の一助にしよう

加齢に伴って体臭がひどくなる人は、少なくありません。単に、加齢臭の原因であるノネナールが増えているだけならさほど問題はありませんが、背後に病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。東洋医学では、臭いをかぐことによって健康状態を探る「聞診」という診察方法もあるくらいなので、体から発せられる臭いを軽視してはいけません。どんな臭いがするかで、ある程度の病状が推測できます。以下、簡単にまとめてみましたので、自己チェックの目安にしてください。

●肝臓 脂くさく、動物的な臭いがする
●心臓 焦げた臭いがする
●脾臓、膵臓、胃 甘い臭いがする
●肺 鮮度が悪い魚のような生ぐさい臭いがする
●腎臓 腐敗臭がする

年齢を重ねると皮脂腺の中の脂肪酸が増加し、これが酸化分解を繰り返すことによって加齢臭の原因物質であるノネナールが発生します。ただ、このノネナールは加齢とともに自然と増えるもので、過度に気にする必要はありません。それに、「ノネナール=悪臭」と思われがちですが、実際のノネナールはロウソクや図書館の古い本のような臭いで、嫌悪感を抱く人はそれほど多くはないはずです。つまり、加齢に伴う臭いは、さほど気にする必要はないということです。

しかし、急に体臭が強くなった場合は注意が必要です。前述したように、ノネナールは脂肪酸が酸化分解されることによって起こります。体臭がきついということは、皮脂腺内だけではなく、血管の中でも脂肪酸やコレステロールの酸化が進み、生活習慣病が進行している可能性があるからです。加齢臭が気になる人は、体の不調の原因をチェックし、改善することをおすすめします。加齢臭のもととなるノネナール対策には、食事に気をつけることも大事です。そもそもノネナールは、活性酸素による酸化によって発生するので、まずは抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを多く含む野菜や果物を食べるようにしましょう。

ちなみに、ビタミンCを多く含む野菜は、パセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ホウレンソウ、シソの葉、さやえんどう、あさつき、チンゲン菜、わけぎ、葉ネギ、ニラ、春菊、トマトなど。ビタミンEを多く含む野菜は、アスパラガス、アボカド、カボチャ、さつまいも、大根葉、たけのこ、ニラ、ホウレンソウ、春菊などです。また、納豆などの大豆加工食品、わさびなどの薬味、近海でとれる魚介類、海藻もおすすめ。脂肪酸の分泌を高めてしまう肉類は、控えるようにしましょう。

手術をして行うワキガの治療法は臭いを取る効果が確実で永続的

ワキガを完全に治すには、臭いのもとになっている汗腺を取り除く手術が必要です。ワキガの手術法にもいろいろありますが、医師が部位を直接見ずに機械に頼って行う非直視下手術法、部位を直接見ながら自分の手で手術をする直視下手術法の2つに大別できます。非直視下手術法には「より早く治療できる」「より傷あとを目立たなくする」というメリットがあり、代表的なものとして皮下組織削除法と皮下組織吸引法(超音波法)があります。

皮下組織削除法は切開口からアポクリン腺をかき出す方法です。傷あとは目立ちませんが、医師の高い技術が必要です。アポクリン腺を完全にかき出したかどうかも、経験豊富な医師でないと判断しにくいのが難点といえるでしょう。皮下組織吸引法(超音波法)は美容外科で行う脂肪吸引と同じように、吸引器でアポクリン腺を吸出する方法。切開する部分も小さくて体への負担は少ないのですが、この方法の難点はアポクリン腺が完全に除去されたか判断できないこと、腺根が残っていた場合、再発する可能性があることです。

またこの方法では、発汗量を減らすことはできません。直視手術法は、その名のとおり医師が直接、手術する部位を見ながら、自分の手で行うものです。このうち勢除法は現在、最も多くの病院で行われている方法です。皮膚はそのまま残して皮下組織だけを切除する方法で、アポクリン腺と皮脂腺をかき取ります。術後は皮膚の固定が必要で、アポクリン腺がまばらに残ってしまう場合があります。

アポクリン腺を皮膚と脂肪層から完全にはがすのが直視下剥離法です。汗腺の摘出がスムーズで、取り残しがなく再発の心配はありません。傷あとも術後6カ月もすれば目立たなくなるでしょう。ただし切開口がやや大きく、傷あとが目立ちやすいというデメリットがあります。どの方法にも一長一短がありますので、事前に十分に医師と相談し、自分自身が納得できる治療法を選択することが大切です。

手術より手軽!専門施設で受けるワキガの治療

ワキガのもとになるのはアポクリン腺・エクリン腺から出る汗です。これらの汗腺を手術によって取り除けば確実にワキガを抑えることができ、再発することもまずありません。でも「ワキガは気になるけれど、手術までは…」と手術に抵抗を感じる人もいるでしょう。またワキガがそれほど強くなければ、一時的に臭いを減らすのもそんなに難しいことではありません。脱毛や除毛をするだけで、臭いを軽減できる場合もあります。

手術以外の方法でワキガを軽くしたいという人は、まず一時的に臭いを抑える次のような治療法から試してみてはいかがでしょうか。女性におすすめなのが、脱毛もできてワキガも抑えられる電気凝固法です。電気凝固法というのは、高周波電流を通した細い電極針を、ワキ毛一本一本に刺して毛根部の組織を熱で凝固させるというもの。もともと脱毛法として生まれたものですが、ワキ毛の毛根部を熱凝固するときに、ワキガの原因になる皮脂腺やアポクリン腺も熱で処理できるので、臭いが軽くなるのです。大きな傷あとが残る心配もありません。

ただしワキガの原因となるアポクリン腺を取り除くわけではないので、その効果がずっと続くわけではありません。多汗症の治療で行われているボトックス注射も、ワキガの解消に効果があります。ボトックスはボツリヌス菌の毒素を無毒化したもので、シワ取りや顔を小さくするなど、美容整形でよく使われています。このボトックスをワキの皮下に注入すると、汗の量を6~7割も減らすことができます。ワキガは汗をかくことで発生します。

その汗の量が減れば、当然ワキガや汗の臭いも抑えられるというわけです。注射をするだけと手軽ですが、その効果は約半年ぐらいしか持続しません。しかしシャツやブラウスのワキの下が汗でいつもびっしょりになって困っている、汗取りパッドが手放せないなど、臭いだけでなく汗の畳も気になるという人にはおすすめの方法といえるでしょう。

重曹を入れたお風呂につかるとさまざまな体臭が消え、肌もきれいになる!

パンやお菓子のふくらし粉として使われる「重曹」。正式には炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダというナトリウム化合物です。もともと地下の鉱床や湖の沈殿物などに含まれている塩に近い天然成分です。それを精製したり、または塩を化学変化させて作り出されたものを私たちは使っています。食品のイメージが強い重曹ですが、最近ではエコライフブームにのり、キッチンやお風呂掃除、生ゴミの臭い消しに役立つことで注目を集めています。実は、この重曹、体臭を抑える効果もあるのです。その理由は大きく分けて3つ。

ひとつ目は研磨作用です。重曹の粒子は細かく、軟らかい結晶なのでスクラブのような働きで毛穴の汚れをかき出してくれます。次に中和作用です。重曹は弱アルカリ性の性質をもつので、酸性の物質と合わせると中和されます。つまり脂肪の汚れ(脂肪酸)や汗に含まれる臭い成飾・酸性物質を中和し、除去するのです。また、臭いのもととなる皮膚の雑菌を落とすことにも効果的です。普通、皮膚の表面にいる雑菌は酸性に弱いため、酢水で足浴したりスプレーすると雑菌の繁殖を抑えられるのですが、逆にアルカリ度が強くても雑菌は繁殖しにくいのです。

最後は軟水作用です。日本の水は比較的軟水だといわれますが、それでもカルシウムやマグネシウムが含まれています。水に重曹を入れると、中に含まれるカルシウムやマグネシウムをはさみ込むので、肌への刺激を抑えたやさしい水になります。これらの効果により、体臭を消し去る重曹ですが、効果的な使用方法がお風呂に重曹を入れるというものです。重曹を一握り程度、入浴剤代わりにお湯に入れてみましょう。

やさしく、しつかりと肌の汚れを取り、体臭の原因である酸性物質やアルカリ性物質まで消し取ります。長く続けると、肌の代謝力が高まり透明感もアップするはずです。食品にも使われるものなので、スーパーやお菓子作りの材料売り場、薬局などで入手できます。人体にはやさしい素材ですが、掃除用や農業用もあるので、お風呂で使う重曹は、食用または薬用を選びましょう。

臭い取りにパワーを発揮する”クスリ風呂”あれこれ

香水やお香はより強い香りを使って、体臭など”いやな臭いを隠す”方法です。それに対して”いやな臭いのもとを断つ”という考え方で生まれたのが、各地に伝わる入浴法です。昔から用いられてきた入浴法では、湯で汗や汚れを洗い流すだけでなく、臭いを取り除き、より皮膚を清潔に保つためにさまざまな植物の力を用いてきました。いくつかをご紹介しましょう。

たとえば、脱臭・消臭作用があるといわれる葉緑素や多糖類が多く含まれている笹の葉を浴槽に入れる「笹風呂」。今も西日本に残るポピュラーな入浴法ですが、昔から「笹風呂に入ると、畑仕事のあとの汗の臭いも取れる」といわれてきました。葉緑素には殺菌作用もありますので、汗をかきやすい人はもちろん、水虫や湿疹などができやすい人にもよいでしょう。

湯に雲南茶を適量入れて入浴する「漢方薬風呂」は中国で古くから用いられている入浴法です。皮膚がさっばりと清潔になるだけでなく、中国古茶には脂肪分解酵素が多く含まれているので、汗かきでかつ肥満の人にとくにおすすめです。酵素が体の脂肪分やホコリを分解する「酵素風呂」には、血液の循環をよくする効果もあります。この酵素の働きに葉緑素の働きを加えたものが「森林浴風呂」と呼ばれるもので、どちらもストレスの多い現代人にはおすすめの入浴法です。

また野菜として売られるようになり、最近目にする機会も多くなったマコモを使った「マコモ風呂」というのもあります。マコモは、川や沼などに群生するイネ科の植物ですが、この茎に寄生する黒穂菌が、体臭の元となる老廃物やアカを食べて臭いを抑えてくれるのです。買ってきたマコモの皮をそのままお風呂に入れるだけ、とやり方も簡単。ただマコモを溶かすとお湯が黒くなってしまいます。

お湯の色が変わるのがいやであれば、お湯をはった洗面器にマコモを入れ、そこに浸したタオルで体をふくというやり方でも、臭い取りの効果はあります。こうした入浴方法を試すときは、全身を湯にゆっくりとつかることが大事。そして汗腺にたまった汚れや脂分をしっかりと浮きださせ、さらに体のすみずみまでていねいに洗うようにしましょう。

ページ移動