記事一覧

体の疲れを取り除く、ゆっくりつかる夜風呂で疲労回復&体臭も予防

立ったり座ったり、歩いたりなど体を動かしていると、人間の体内には疲労物質である乳酸がたまってきます。乳酸が増えてくると、汗の中にいやな臭いのもとになるアンモニア成分が増え、汗の臭いが強くなります。ですから体臭を軽減するには、体内の乳酸をできるだけ減らせばよいのです。乳酸を減らす一番簡単な方法が毎日の入浴です。時間をかけてゆっくりとお湯につかると血液の循環がよくなり、乳酸は減少します。しかも夜、入浴したあとにすぐ寝れば、乳酸が減った状態のまま朝を迎えることができます。

同じ入浴でも、朝、急いで入ると体内にたまった乳酸を十分に減らすことができません。しかも入浴後すぐ活動を開始することになるので、体内でさらに乳酸は増え、体臭は強くなっていくでしょう。体臭を少しでも減らすには朝風呂やシャワーではなく、夜ゆっくりとお湯につかる入浴を心がけましょう。汗や体の臭いが気になる人は、消臭グッズを賢く利用するという手もあります。なかでも「汗と臭いを防ぐ石」という不思議な石があるのをご存知でしょうか。この不思議な石は、実は「硫酸アルミニウムカリウム」という成分を結晶させて作られたもの。

実は、硫酸アルミニウムカリウムには、タンパク質を固める性質があって、皮膚につければ、いやな臭いのもととなる汗腺の表面をブロックして、一時的に汗を止める効果があるのです。硫酸アルミニウムカリウムの優れている点は、わずか1%の濃度であっても、十分に効果を発揮すること。そのため、硫酸アルミニウムカリウムの結晶である石は、水に軽くぬらしたものを3~4回、皮膚に軽くなでつけるだけでOKです。汗腺の表面をブロックするのは、体のごく一部なので、体への害はありません。石なら繰り返し使えるので、試してみるのもいいのではないでしょうか。