記事一覧

食べて口臭を解消しつこい舌苔は発酵ねりゴマが効果的

舌苔は、口臭の原因になることから、お菓子メーカなどでも「舌苔ケア」が注目されています。ケア方法はいろいろありますが、舌苔は物理的に取ればそれでOKというわけではありません。口臭の原因は、舌苔と思い込んでいたKさん(62才・女性)は次のような話をしてくれました。「60才をすぎてから、口臭が気になっていました。そんなときに、テレビや雑誌で『口臭の原因は舌苔』という紹介があったので、毎日ゴシゴシと歯ブラシで舌をみがいていたんですが、いっこうに口臭がなくならなかったんです」。

あとで分かったことですが、Kさんの口臭の原因は、舌苔ではなかったのです。実はKさんはひどい便秘症。若いころから1週間出ないこともあったといいます。腸内に便が長時間滞留すると、腐敗して毒素が発生します。この毒素は体中を通って、やがては口臭の原因になることがあるのです。効果がないので、「おかしいな」と思い始めていたKさんですが、相変わらず舌苔を取り続けていたそう。

そんなあるときテレビで、もうひとつの悩みである便秘解消に、「ねりゴマ」を食べるといいと知ったそうです。そこで、Kさんが試みたのが、毎日ねりゴマを食事に取り入れることでした。なかでも、ヨーグルトにねりゴマをスプーン1杯分入れて、デザートに食べるのがおすすめだといいます。実は、Kさんは便秘を改善するためにヨーグルトをとるようにしていたそうですが、酸っぱいのが苦手で続かなかったのだそう。

しかし、「ねりゴマを入れると、酸味がマイルドになって食べやすくなりました。これなら美味しいので毎日続けられるんです。すると、食べ続けて1週間後あたりから、毎日、朝の決まった時間に便が出るようになつたのです。すると、いつの間にか口臭も消えていました。分厚い舌苔ももうないですよ」。下をペロリと出して笑うKさん。肌の張りやツヤもよく、年齢より若々しく見えるのは、便秘やそれによる口臭がなくなったからでしょうか。便秘症で口臭も気になる人は、まず便秘から治すと口臭も自然と消えるのかもしれません。