記事一覧

うがいと歯みがきでOK。抗カビ剤うがいと歯みがきで歯周病を改善し、口臭を消す

歯周病のほとんどの原因は、「カンジダ」と呼ばれるカビだと考えられています。このカビが原因で起こる口内炎が歯周病です。そして、このことが判明したのは、入れ歯と歯ぐきがうまく合わないときに起こりやすい「義歯性口内炎」という病気の治療からでした。この病気は、抗カビ剤で治療します。その治療で「歯ぐきからの出血が止まった」「歯のぐらつきが止まった」という声が続出。こうした患者さんの歯ぐきからは、驚くほどのカンジタが発見されました。

これがきっかけになり生まれたのが「ファンギゾンシロップ」という「抗カビ剤うがい」です。使用方法は、まず歯にはさまっている食べかすを取り除くために、歯磨きをします。次に抗カビ剤うがいのふたについているスポイトで中身を1ml取り、舌を使って口中全体や、歯の舌側、頬側に広げます。次に口を閉じてクチュクチュと、うがいの要領で口内にシロップを行き渡らせます。さらに歯ブラシを使って、歯にシロップを塗っていきましょう。

歯のすき間は「ワンタフト」という三角形の歯ブラシを使うと上手にできて効果的です。歯ブラシで5分ほどみがいたら、シロップは吐き出さず、そのまま口の中に入れたまま30分ほど口にふくんでおきましょう。少し長いですが頑張ってください。ときどきクチュクチュします。30分たったらそのまま飲み込みます。治らないと思っていた歯周病もこれでよくなっていくのです。

また、「イトリゾール」という抗カビ剤で歯周病治療を行った場合は、リウマチや糖尿病、アトピー性皮膚炎、花粉症などの症状まで改善されるケースが多いことも判明しています。ファンギゾンシロップは、赤ちゃんの口の中がカンジダで真っ白になる「口瘡」の治療に使われる薬。副作用の心配もなく、「口腔カンジダ症」と診断を受けて処方してもらえれば保険が効きます。ただし、歯科ではなく内科での診断が必要です。抗カビ剤うがいと歯みがきを、毎日の習慣にすれば、口臭もなくなることでしょう。