記事一覧

なた豆のお茶が悪玉菌を撃退し口臭の一因となる歯周病を改善

口臭や歯周病の改善策にお茶が効果を発揮するといったら驚かれるでしょうか。実は、市販されている「なた豆のお茶」には、その効果が期待できるのです。なた豆には、優れた抗炎症作用や抗菌作用、免疫増強作用などがあります。歯周病の原因となる口内の悪玉菌などを撃退してくれるのです。利用方法は、1日に5~6杯(1杯約100ml)程度飲むこと。もうひとつは、なた豆茶でうがいをすることです。うがいは、次のような手順で行いましょう。

①なた豆茶でうがいをします。②歯周ポケットに歯ブラシを当てて、ていねいにブラッシングして歯垢を取り除きます。③なた豆茶でもう一度、うがいをします。歯垢・歯石除去と併用して、なた豆茶でケアをすれば、歯周病を予防、ひいては口臭を改善できることでしょう。青森ヒバは日本固有の樹種で、昔から非常に優れた建材として用いられてきました。

伐採された青森ヒバは製材される過程で、おがくずや端材などの廃材が出ます。この廃材を水蒸気蒸留すると、防カビ、防腐、防虫効果に優れた青森ヒバ油が抽出され、同時に青森ヒバ留出水が生産されます。そして、この青森ヒバ油とヒバ留出水に含まれているのが、優れた抗菌性を発揮する「ヒノキチオール」です。これは、歯科などの医薬分野や化粧品、食品分野などでも利用されています。

さらに、このヒノキチオールのパワーをいかした「青森ヒバの水」は、口臭予防などにも効果的です。たとえば、青森ヒバの水を歯に数滴つけてブラッシングすると、歯ぐきの腫れがひいて、出血がなくなった。長年の喫煙でひどかった歯のヤニが落ちた、という例もあるのです。携帯もできるので便利な口臭予防法になるのではないでしょうか。

ワキガ 対策 制汗剤