記事一覧

ビタミンCが歯ぐきのコラーゲン繊維を修復口臭の一因となる歯周病を改善

歯周病が口臭の原因のひとつであることは、皆さんもよく知るところだと思います。しかし、すでに10代でも約40%、20代では50%が歯周病にかかっているということは、あまり知られていないのではないでしょうか。今や、「歯周病といえば中高年の専売特許」という時代ではないのです。しかも、この歯周病は虫歯と違い、まったくといっていいほど痛みがありません。自覚症状が出るころには歯ぐきから膿や血が出て、歯がグラグラするところまで症状が進んでいます。

そんな歯周病の原因は、歯垢をエサにしている歯周病菌で、歯周病はまず、この歯周病菌が歯ぐきに入り込むところから始まります。そして、歯と歯ぐき、歯槽骨(歯の周りの骨)を結びつけている重要な線維、コラーゲン線維を破壊します。すると歯ぐきが弱まり、やがて腫れや出血が起こります。そして、歯の土台を支えている骨にまで影響が出始めるのです。そこで注目したいのが、薬局などで手に入る、ビタミンC配合の歯みがき剤です。ビタミンCは、レモンやオレンジをはじめとする柑橘類に多く含まれていますが、実はこのビタミンCにはコラーゲンを合成するという強い力があるのです。

そして、この働きによってコラーゲン線維の再生を促し、歯ぐきの炎症を止めます。線維が再生されれば、出血や腫れがやわらいで、歯ぐきそのものが引き締まり、健康な状態に戻ります。歯周病菌が歯に影響を与えるのを食い止めることができるのです。このビタミンC配合の歯みがき剤は、歯周病予防のために使うのはもちろん、治療中の人や治療後のメンテナンスにも有効。使い方は、普通の歯みがき剤と変わりません。1日2回の歯みがき時に使用するだけで、十分な効果が期待できます。あなたもビタミンC配合の歯みがき剤で、歯周病と口臭を一気に改善させませんか。