記事一覧

臭い取りにパワーを発揮する”クスリ風呂”あれこれ

香水やお香はより強い香りを使って、体臭など”いやな臭いを隠す”方法です。それに対して”いやな臭いのもとを断つ”という考え方で生まれたのが、各地に伝わる入浴法です。昔から用いられてきた入浴法では、湯で汗や汚れを洗い流すだけでなく、臭いを取り除き、より皮膚を清潔に保つためにさまざまな植物の力を用いてきました。いくつかをご紹介しましょう。

たとえば、脱臭・消臭作用があるといわれる葉緑素や多糖類が多く含まれている笹の葉を浴槽に入れる「笹風呂」。今も西日本に残るポピュラーな入浴法ですが、昔から「笹風呂に入ると、畑仕事のあとの汗の臭いも取れる」といわれてきました。葉緑素には殺菌作用もありますので、汗をかきやすい人はもちろん、水虫や湿疹などができやすい人にもよいでしょう。

湯に雲南茶を適量入れて入浴する「漢方薬風呂」は中国で古くから用いられている入浴法です。皮膚がさっばりと清潔になるだけでなく、中国古茶には脂肪分解酵素が多く含まれているので、汗かきでかつ肥満の人にとくにおすすめです。酵素が体の脂肪分やホコリを分解する「酵素風呂」には、血液の循環をよくする効果もあります。この酵素の働きに葉緑素の働きを加えたものが「森林浴風呂」と呼ばれるもので、どちらもストレスの多い現代人にはおすすめの入浴法です。

また野菜として売られるようになり、最近目にする機会も多くなったマコモを使った「マコモ風呂」というのもあります。マコモは、川や沼などに群生するイネ科の植物ですが、この茎に寄生する黒穂菌が、体臭の元となる老廃物やアカを食べて臭いを抑えてくれるのです。買ってきたマコモの皮をそのままお風呂に入れるだけ、とやり方も簡単。ただマコモを溶かすとお湯が黒くなってしまいます。

お湯の色が変わるのがいやであれば、お湯をはった洗面器にマコモを入れ、そこに浸したタオルで体をふくというやり方でも、臭い取りの効果はあります。こうした入浴方法を試すときは、全身を湯にゆっくりとつかることが大事。そして汗腺にたまった汚れや脂分をしっかりと浮きださせ、さらに体のすみずみまでていねいに洗うようにしましょう。