記事一覧

手術より手軽!専門施設で受けるワキガの治療

ワキガのもとになるのはアポクリン腺・エクリン腺から出る汗です。これらの汗腺を手術によって取り除けば確実にワキガを抑えることができ、再発することもまずありません。でも「ワキガは気になるけれど、手術までは…」と手術に抵抗を感じる人もいるでしょう。またワキガがそれほど強くなければ、一時的に臭いを減らすのもそんなに難しいことではありません。脱毛や除毛をするだけで、臭いを軽減できる場合もあります。

手術以外の方法でワキガを軽くしたいという人は、まず一時的に臭いを抑える次のような治療法から試してみてはいかがでしょうか。女性におすすめなのが、脱毛もできてワキガも抑えられる電気凝固法です。電気凝固法というのは、高周波電流を通した細い電極針を、ワキ毛一本一本に刺して毛根部の組織を熱で凝固させるというもの。もともと脱毛法として生まれたものですが、ワキ毛の毛根部を熱凝固するときに、ワキガの原因になる皮脂腺やアポクリン腺も熱で処理できるので、臭いが軽くなるのです。大きな傷あとが残る心配もありません。

ただしワキガの原因となるアポクリン腺を取り除くわけではないので、その効果がずっと続くわけではありません。多汗症の治療で行われているボトックス注射も、ワキガの解消に効果があります。ボトックスはボツリヌス菌の毒素を無毒化したもので、シワ取りや顔を小さくするなど、美容整形でよく使われています。このボトックスをワキの皮下に注入すると、汗の量を6~7割も減らすことができます。ワキガは汗をかくことで発生します。

その汗の量が減れば、当然ワキガや汗の臭いも抑えられるというわけです。注射をするだけと手軽ですが、その効果は約半年ぐらいしか持続しません。しかしシャツやブラウスのワキの下が汗でいつもびっしょりになって困っている、汗取りパッドが手放せないなど、臭いだけでなく汗の畳も気になるという人にはおすすめの方法といえるでしょう。