記事一覧

あなたの口臭はほんとうにひどい?セルフチェックをしてみましょう

人と向き合って話しているとき、相手の表情がちょっと曇ったり、手を鼻や口元に当てたりすると、ドキッとしますよね。また他人の口臭が気になると、「自分はどうだろう?」と心配になるものです。他人の口臭はすぐに分かりますが、自分の口の臭いがどの程度なのかは、なかなか分からないもの。「もしかして自分の口はくさい?」と気になったら、さっそくセルフチェックしてみましょう。まず臭いのついていない紙袋を用意してください。そして紙袋の口に自分の鼻と口をぴったり当て、口から息を吐き、鼻から息を吸う、を繰り返してください。

何度か続けるうちに臭ってくるのが、あなたの口臭です。紙袋の代わりにマスクや大きめのグラスを使ってもOKです。セルフチェックをしてみて、「やっぱり自分の口はくさいかも…」と思ったら、何らかの口臭予防対策を実践するとよいでしょう。口は、ものを食べたり飲んだり空気を吸ったり、また痰やゲップを出したりする場所。ある程度の臭いはあって当たり前といえます。でも自分の口臭が他人に不快な思いをさせるほど、きつくなるのは避けたいものです。では、口はどんなときにきつく臭うのでしょうか? 口が臭うかどうかは、唾液の量と関係しています。

唾液には殺菌力があり、口の中の雑菌を抑える働きがあります。唾液の分泌量が減ると口の中の雑菌が増えるので、口臭が強くなります。起きたばかりのときや緊張したとき、お腹が空いているときなど、口の中が渇いていることを実感する人も多いでしょう。こういうときは口臭が強くなっているのです。逆に、唾液をたくさん出せば口臭はさほど気にならなくなるので、臭いが気になるとき、口臭を予防したいときはガムを噛んだり、うがいをするなどして、口の中がうるおうようにするとよいでしょう。口で呼吸をしていると口内が渇くので、呼吸はできるだけ鼻でするのがおすすめです。