記事一覧

臭い取りにパワーを発揮する”クスリ風呂”あれこれ

香水やお香はより強い香りを使って、体臭など”いやな臭いを隠す”方法です。それに対して”いやな臭いのもとを断つ”という考え方で生まれたのが、各地に伝わる入浴法です。昔から用いられてきた入浴法では、湯で汗や汚れを洗い流すだけでなく、臭いを取り除き、より皮膚を清潔に保つためにさまざまな植物の力を用いてきました。いくつかをご紹介しましょう。

たとえば、脱臭・消臭作用があるといわれる葉緑素や多糖類が多く含まれている笹の葉を浴槽に入れる「笹風呂」。今も西日本に残るポピュラーな入浴法ですが、昔から「笹風呂に入ると、畑仕事のあとの汗の臭いも取れる」といわれてきました。葉緑素には殺菌作用もありますので、汗をかきやすい人はもちろん、水虫や湿疹などができやすい人にもよいでしょう。

湯に雲南茶を適量入れて入浴する「漢方薬風呂」は中国で古くから用いられている入浴法です。皮膚がさっばりと清潔になるだけでなく、中国古茶には脂肪分解酵素が多く含まれているので、汗かきでかつ肥満の人にとくにおすすめです。酵素が体の脂肪分やホコリを分解する「酵素風呂」には、血液の循環をよくする効果もあります。この酵素の働きに葉緑素の働きを加えたものが「森林浴風呂」と呼ばれるもので、どちらもストレスの多い現代人にはおすすめの入浴法です。

また野菜として売られるようになり、最近目にする機会も多くなったマコモを使った「マコモ風呂」というのもあります。マコモは、川や沼などに群生するイネ科の植物ですが、この茎に寄生する黒穂菌が、体臭の元となる老廃物やアカを食べて臭いを抑えてくれるのです。買ってきたマコモの皮をそのままお風呂に入れるだけ、とやり方も簡単。ただマコモを溶かすとお湯が黒くなってしまいます。

お湯の色が変わるのがいやであれば、お湯をはった洗面器にマコモを入れ、そこに浸したタオルで体をふくというやり方でも、臭い取りの効果はあります。こうした入浴方法を試すときは、全身を湯にゆっくりとつかることが大事。そして汗腺にたまった汚れや脂分をしっかりと浮きださせ、さらに体のすみずみまでていねいに洗うようにしましょう。

葉緑素+鉄のパワーが悪臭成分を吸着して体外へと排出!

電車も終電近くになると、お酒を飲んだ人の口臭や汗の臭いなどで、車内になんともいえない臭いが漂っていることがあります。誰にでも体臭はありますが、一日の疲れがたまる夜になると、より強く体の臭いが発散されるようです。このように食べたものの臭いや体臭が気になるようなときは、お腹の中の臭いのもとを断ち切れば気にする必要もありません。それを可能にしてくれるのが「FeクロロフィリンNa」です。

これは、ガムなどに着色料として使われる葉緑素で安全性は証明されているもの。このFeクロロフィリンNaは、鉄(Fe)とクロロフィリンNaが結びついたものですが、銅とクロロフィリンNaが結びついた「銅クロロフィリンNa」は、すでに口臭除去薬などの医薬品の成分として使われているもので、サプリメントなどになっています。しかも、消臭作用においては、銅より鉄と結びついたもののほうが、消臭効果が高いというデータもあります。

そのFeクロロフィリンNaの消臭効果ですが、腐ったタマネギの臭いなどに含まれるメチルメルカプタンは87・5%、腐った卵の臭いなどに含まれる硫化水素は95%以上、ワキガや尿の臭いなどに含まれるアンモニアは60%、汗やタバコの臭いなどに含まれるアセトアルデヒドは50%といった具合でカットされることが実験で分かりました。また、消臭成分としては、イヌリンも注目を集めています。イヌリンは食物繊維の一種で、腸内では善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。そのため、腸内での悪臭の発生を抑えることができるのです。

このように、FeクロロフィリンNaにイヌリンも加えてとれば、まさに鬼に金棒。体内の悪臭成分を吸着し、体外へと排出してくれます。その結果、口臭だけでなく、ワキガや加齢臭、足の臭い、便臭といった、体から発散されるさまざまな気になる臭いの軽減が十分期待できます。FeクロロフィリンNaが含まれた消臭サプリメントは、市販されています。臭いにお悩みの人は、試してみてはいかがでしょう。

体の疲れを取り除く、ゆっくりつかる夜風呂で疲労回復&体臭も予防

立ったり座ったり、歩いたりなど体を動かしていると、人間の体内には疲労物質である乳酸がたまってきます。乳酸が増えてくると、汗の中にいやな臭いのもとになるアンモニア成分が増え、汗の臭いが強くなります。ですから体臭を軽減するには、体内の乳酸をできるだけ減らせばよいのです。乳酸を減らす一番簡単な方法が毎日の入浴です。時間をかけてゆっくりとお湯につかると血液の循環がよくなり、乳酸は減少します。しかも夜、入浴したあとにすぐ寝れば、乳酸が減った状態のまま朝を迎えることができます。

同じ入浴でも、朝、急いで入ると体内にたまった乳酸を十分に減らすことができません。しかも入浴後すぐ活動を開始することになるので、体内でさらに乳酸は増え、体臭は強くなっていくでしょう。体臭を少しでも減らすには朝風呂やシャワーではなく、夜ゆっくりとお湯につかる入浴を心がけましょう。汗や体の臭いが気になる人は、消臭グッズを賢く利用するという手もあります。なかでも「汗と臭いを防ぐ石」という不思議な石があるのをご存知でしょうか。この不思議な石は、実は「硫酸アルミニウムカリウム」という成分を結晶させて作られたもの。

実は、硫酸アルミニウムカリウムには、タンパク質を固める性質があって、皮膚につければ、いやな臭いのもととなる汗腺の表面をブロックして、一時的に汗を止める効果があるのです。硫酸アルミニウムカリウムの優れている点は、わずか1%の濃度であっても、十分に効果を発揮すること。そのため、硫酸アルミニウムカリウムの結晶である石は、水に軽くぬらしたものを3~4回、皮膚に軽くなでつけるだけでOKです。汗腺の表面をブロックするのは、体のごく一部なので、体への害はありません。石なら繰り返し使えるので、試してみるのもいいのではないでしょうか。

ページ移動